引っ越し

輸入ノート

輸入方法や参考情報等を参考までにご紹介しております。

​内容については、正確性を保証するものではありませんので、お客様の自己責任もとご活用ください。

​輸入と関税

外国で商品を購入し、日本に発送してもらう行為又は持ち込む行為を輸入と言います。

日本へ輸入が禁止されている物、輸入が規制されている物があります。

​また、輸入は消費税以外に関税という税金が発生します。

税関と通関

関税を決める他、日本へ輸入が禁止されている物かどうか、輸入が規制されている物かどうか等、検査や手続きする機関のことを税関と言います。

​検査して問題無い場合、輸入許可が下ります。

​この一連の流れを通関と言います。

国際郵便と国際宅配便

​郵便会社のサービスを使って輸送することを国際郵便と言います。

EMSは国際スピード郵便となります。

DHLやFedex等といった民間の宅配会社を使って輸送することを国際宅配便と言います。

​国際宅配便はクーリエとも呼ばれています。

​小包

​外国から送られてくる商品は箱やパケットに入っています。

​この箱やパケットのことを小包と言います。

​郵便小包や国際小包と呼ばれることがあります。

​個人輸入と商用輸入

個人利用を目的とした輸入を個人輸入と言います。

​一方、販売することを目的とした輸入を商用輸入と言います。

個人であっても、ECショップやフリマサイト等で販売する為に輸入場合は商用輸入となり、輸入事業者という扱いになります。

<ケース例>

​輸入した商品を趣味で利用する場合 → 個人輸入

副業で商品を輸入販売する場合 → 個人輸入ではなく商用輸入

輸入と受取

通関後、​郵送会社や宅配会社によって配送されます。

関税や消費税等を支払うことで商品を受け取りし、輸入することができます。

商品の内容や輸入目的によっては、税関や関連省庁に対し、事前に届出や申請しなければならない場合があります。

輸入が規制されている物

加工や燻蒸されていない木材、植物や土、化粧品や医薬部外品、医薬品や医療機器、塗料や薬品、刀剣類等は、個人や商用と問わず、輸入が規制されていますので、輸入する物が関連法令によって規制を受けるかどうかを税関で調べておく必要があります。

<規制例>

木材・植物・土 → 植物防疫法及びワシントン条約

化粧品・医薬部外品・医薬品・医療機器 → 薬機法

塗料・薬品 → 化審法

​刀剣類 → 銃刀法

輸入が禁止されている物

​麻薬やドラッグ、銃器や弾薬、爆発物や火薬類、貨幣や切手等の偽造品や模造品、児童ポルノ、商標権や著作権等と権利侵害する物等は関税法で輸入が禁止されていますので、輸入する物が禁止されていないかどうか不安である場合は税関で調べておく必要があります。

<禁止例>

覚せい剤、拳銃の弾薬、米ドル紙幣の模造品、偽ブランド品、偽アニメグッズ等

輸入費用

輸入には関税・消費税・地方消費税が発生します。

また、国際郵便のEMSは通関手数料、国際宅配便は立替納税手数料や追加費用が発生する場合があります。

内容品価格

​輸入する商品の価格です。

小包に添付されている送り状に記載されているCN22又はCN23と呼ばれる税関告知書で確認できます。

インボイス価格

​商品代金・国際送料・保険料等をインボイス価格と言います。

インボイス価格は小包に添付されているインボイス(Invoice)と呼ばれる資料、若しくはCN22又はCN23で確認できます。

​インボイス(Invoice)、CN22又はCN23は輸出国で発行してもらう必要があります。

課税価格

輸入には関税や消費税等といった輸入税が発生します。

インボイス価格をもとに輸入税を決めます。

輸入税を決める金額のことを課税価格と言います。

<課税価格>

​個人輸入の場合の課税価格 = 商品代金×0.6​

​商用輸入の場合の課税価格 = 商品代金+国際送料+保険料等

​※課税価格は1000円単位で切り捨て

​関税

輸入する物には関税率が決められています。

10%であったり、関税が掛からない物もあります。

関税額は課税価格に関税率を掛けて算出します。

<計算式>

​課税価格(切り捨て後)×関税率 = 関税額

※関税額は100円単位で切り捨て

消費税

関税の他に消費税が発生します。

​消費税率は現行で10%とされていますが、厳密には、消費税率7.8%と地方消費税率2.2%となります。

1000円単位で切り捨てる前の課税価格と関税額を合算し、これに7.8%を掛けて消費税を算出します。

<計算式>

​課税価格(切り捨て前) + 関税額(切り捨て後) = 消費税課税標準額​

​消費税課税標準額(1000円単位で切り捨て) × 0.078 = 消費税額

​※消費税額は100円単位で切り捨て

​地方消費税

消費税以外にも、地方消費税が発生します。

消費税率が7.8%に対し、地方消費税率は2.2%となります。

地方消費税額は消費税額に2.2%(22/78)を掛けて算出します。

<計算式>

​消費税額(切り捨て後) × (22/78) = 地方消費税額​

​※地方消費税額は100円単位で切り捨て

​関税や消費税以外の費用

通関手数料や立替納税手数料等が発生する場合があります。

​国際郵便で内容品価格が20万円を下回る場合は、通関手数料が200円です。

内容品の価格が20万円を超える場合は、1品目につき6000円~となります。

DHLやCDEKといった国際宅配便については、立替納税手数料や保税倉庫保管料等といった追加費用が発生する場合が有ります。

​関税や消費税等の支払

国際郵便の場合は配達員に関税や消費税等を支払います。

​国際宅配便の場合は配達員若しくは後払いとなります。

流れ郵便

課税価格が1万円を超える場合は関税が無税でも消費税が発生します。

商用輸入で且つ課税価格が1万円を超えているにも関わらず、関税や消費税等の請求が無い場合を流れ郵便と言います。

国際郵便で発生しやすく、流れ郵便が発覚した場合は税関に必ずご相談ください。